[featured][carousel][10]

2017年6月23日金曜日

ニュートンズクエーデル ニュートンのゆりかご 510モデル

16:41

今回発売の NEWTON'S CRADLE ニュートンのゆりかご 510 モデル
この製品を ニュートンのエネルギー保存の法則を今回はご紹介するのではく この製品に至ったまでの経緯をチョットご紹介。

子供のころ道端でカチカチ音がする いやこれは子供心に心が引かれたものだ・・・。父親におねだりをして その頃 500円だか1,000円する品物を手にいれた。これが実に ちゃっちい・・・ 玩具と呼ぶにも相応しくない ナイロンの釣り糸で錘が吊るされていて数回カチカチなればお終い・・・ そして直ぐに糸が切れてまあ 後は段ボールの片隅で自分の夢の欠片の様にいつしか土の中に戻っていったのであろう。

そして今回の510モデルの開発のきっかけになった・・・
380モデルも悪くはなかったしかなり良い商品でした。しかし販売するなか 下記の様な問い合わせがあって困惑した。

〇 製品を買ったが数分すると止まってしまう。
〇 ボールが完全にぶれずに 周りの球に一切影響せずに反対側にうちでない

ボールが止まってしまう・・・ これには驚いた。実際 一人や2人ではないこの手の質問が 一生 その力が分散せずにエネルギーを永久的にその鉄球が実現してくれるとでも思ったのだろうか? こういう問い合わせをする方には 永遠の自分 自分だけは死なないとでも言う発想の方が多いようにおもた。 実際 半永久的におなじ形で存在するエネルギーは一切ない 常にあらゆる形にエネルギーは変化している。ましてや少し科学の授業を受けたかたならエネルギー損失 摩擦などの知識はあり 投げた球は何時かは地上に
落ちる事は理解できるはずなのだが・・・ この手の問い合わせには正直お手上げだった。 

2番目の問い合わせも まあ理解できる。しかし完全な球体は この世に存在しない。完全は動かないと言う事で見えないのに 完全な球体が存在するとでも思っているようだ・・・最近は日本のテレビ番組で完全な球体を追求する番組があったがそれでもその
球体は一瞬たりともおなじ形ではない。ニュートンでさえ クレーデルで最後球が止まる瞬間にエネルギが-分散して 全ての球がはじけてとまる事に ごく当たり前に納得して
いたとも書かれていたが・・・ 実際どんなに精度がたかいものでも 反対側にほかの球を揺らさずに 動かすことは不可能に近い・・・ しかし人生の完全を求める人たちはこの真理が理解できない・・・。


実はこんな世の中で この手の商品を追究することを実は380モデルであきらめていた。
しかし 大学からの教材の問い合わせや 研究の一環で商品を欲しいと言って頂ける部分がある以上 良いものをこの価格帯のレンジの中で追求して行くことはやめては面白くないと言う事で 今回の510モデルの発売となった。

鉄球50㎜とこのクラス最大サイズ。 吊るす紐を 高品質ワイヤーに変えて販売に至っている。実際自分でも微妙な調整は可能なシステムにしている。

ガッカリした記憶を少しでも挽回・・・ 510モデルはそんな思いが詰った ユートンのゆりかごなんです。

アムマックス












ランドナー 自転車修理 Part5

10:40

自転車修理を開始しておおよそ3週間 もうそろそろ いい加減仕上げていきたい~。
しかし 旧車の難問はパーツが上手く手に入らない。特にこだわっているわけではないのですが なかなか合うパーツがみつからない。実は 装着したタイヤは 26インチの1 1/2・・・ 実はリムには26’ 1 1/2と記載されているから 当たり前と言えば当たり前でそのタイヤを装着すればいいのだが インターネットで検索するとほとんどが 26インチ
1 3/8がほとんんど・・・ 26' 1 3/8 のタイヤは結構安い というかかなり安い。
タイヤにこだわっているわけでないので それでいいかな~なんて でもサイズ 微妙な
幅の違いってなんだと思い インターネットで検索。 26”ならほとんどリムのその後の
数字が違っていても 入りますとか大丈夫ですとか そんな内容があったので信じて 26 1 3/8を購入安く済んだなんて思っていたが 実は大嘘 インタネットの情報があてにならないのは 結構あるんだななんて再度実感・・・ リムからタイヤが若干はすれてしまって
中のチューブが少しはみ出すような・・・ これで乗っていてもいいことないななんて思うようなフィット感・・・ 専門店で聞いているうちに 逆のパターンは特に問題なく付けている方もいるらしい・・(これもあてにならないので) 実際は国内ではもうあまり
26’ 1 1/2 のタイプのリムはほとんどないらしい 珍しいとかいわれてた。どうやら電動自転車で1モデルそのリムを使っているとかいないとか・・・  現在26 1 3/8のリムを使っている車輪に 26 1 1/2のパタンはよくあるとかないとかだった・・・

いずれにせよ お金の無駄遣い そして 新たな 26'  1 1/2のタイヤをインターネットで検索。実に高い!!! ちょっと安いのもあるけど やはりその電動自転車様な感じであまり進んでつけたくない・・・。残るはランドナー用タイヤ これが意外に高い。でもここまできたので後戻りできずに 決断・・・ 装着。 でもタイヤでここまで雰囲気が変わるかと思うくらいタイヤで 一ランク上の自転車にへんしんした。



そして 個人的にどうしても外せないこだわりが 自転車のペダル。シンプルで昔ながらのテイストを大切にする一番の注目部分 ここはやはり 三ケ嶋のペダルが外せない。他社も色々だしているが このテイストがやっぱり旧車にピッタリくる・・・?
ヤフオクで購入した 中古品 中古には同じおなじ年代の中古がしっくりくる。


本来 玄人が一番気にすうカ所の一つにクランクそしてスポロケット でも実はあまり気にならない 個人的には ただ ベース車にはなぜかシングルでインナーリングが付いて
いなかったので これもオークションでシマノの古いものを装着。これで前輪切り替えが
出来て10段変速ギア―に変わるはず~

しかし今度は 旧車に合う 変速変換機 ディレーラーの取り付け部の径がどうも旧車は細いらしく 難航してしまった・・・。なかなか 適切な部品が見つからない・・・
ここが このランドナーの最後の山になるような~

もうすぐ仕上がるといいのですが 笑 !






2017年6月20日火曜日

ランドナー 自転車修理 Part 5

18:22

ここに来てだいぶ自転車らしい姿になってきた ミヤタ自転車のランドナー推定48歳 笑
とにかく古い物はそれなりに良い部分も多く持ち合わせている。まあ確りとメンテしないと四六時中故障してしまうのだが・・・ 良く 人はこれは古いよ~と言う表現をつかうのだが 実は今見てるものが実は一番新し事に気が付かない。モナリザなんかも古くて価値があるようだが いま見ているモナリザが実は世の中で一番新しく 古いは存在しない・・・ なんてなんか話が脱線

今日はこだわりのカンガルー皮革のサドル いやいや サドルは絶対カンガルー皮革がいいです。革の王様 牛皮革の1/3の厚さで同じ強度をもつ。2輪バイクのレーサーのスーツ
サッカー選手のスパイクがほとんどカンガルー皮革らしい・・・ とにかく実にしっくりと馴染む これ以上の仕上げはない ここはこだわり~

次のこだわりは センタースタンド・・・ 自転車のくせに 偉そうにセンタースタンドこれがたまらなく 憧れだった・・・ 昔は再度スタンドしかなくて・・ 憧れのセンタースタンド 最近は数千円で良いものが買えるのでセンタースタンドにこだわっている。
自転車もほとんど直立 反対側に倒れそうな角度が恰好いい・・・




あと部品でてこずっているのが このカンチブレーキ このサイズの短いワイヤーが意外にみつからなかった その上 アジャスターパーツがなかなか手に入らない ママチャリについてるのに専門店には無いパーツが多いのに驚き・・・

次は クランクを交換 そして タイヤとすすみます。


仕上がるのはいつのことやら~

2017年6月19日月曜日

ランドナー 自転車修理 Part 4

19:16

部屋が散らかってしまい お小言を言われながら着々と自転車修理。実に自転車の旧車は本当に手間と時間 それとお金がかかる。単車でも車でもそうだが 旧車は新車並みのメンテ費用が必要だが自転車も例外でないと実感。

でも まあ色々と勉強になる。自転車屋さんをやるわけではないが 実際自転車屋さんより博学になるかもしれないなんて・・・ まず どうしても進めたかったのが クイックレリースだ 実はこの呼び方すら知らなかった私は 自転車のタイヤが簡単に外せるレバーがついている自転車を何とも思わなかった・・・。 タイヤが簡単に外せれば 車に載せたり 宅配便で自転車を送ったりと色々と便利だ・・・ 作業をするまえは両側のナットさえかえれば OKなんて思っていたが いやいや 全くそうでなかった! 実は自転車のボルトの中心が 空洞になっていてそこに ワイヤー上のロッドを差し込んで両側から力がかかって締め付けるシステムなのだ・・・


このレバーを獲得するために 以外に大仕事になってしまった・・・。 既存の自転車にはスポークが集まっている真ん中の所にハブというものがあってその中にボルトが通っている。そのボルトの芯に穴が開いていなければ ボルトを交換する必要がある。ほとんどの人が リムとハブをそう入れ換えするらしいが あえて 空洞のボルトを入れる事に挑戦した。中空ボルト 中空シャフトと言うもんだが 質にこだわらなければ1,200円位でアマゾンで購入可能。 中空シャフトの中に通してつかう クイックレリース付きでこの
値段だったがコメントは シャフトのみしか使い物にならないような事が書いてあったので クリックレリースは別に購入 しかしついてきた物も意外に質がよく十分使えたな
なんてチョット後悔したりして

こんな具合にボルトをいれるのだが かなり汚れる作業の上 ベアリングをなくさないように注意が必要。プラス 蓋を曲げない様に外したり 以外に気を遣う作業なのです。もう やり始めると 手が離せない作業・・・ 注意は仕上がった中空シャフトがフレームに収まらないため フレームを加工する事も必要な場合がある。 例外なく私も ボルトが太かったためフレームをサンダーで 削て加工した。かなり気を遣う部分だ・・・


上がアマゾンで1,200円でクイックレリース付きのシャフトプラスレリース したが 単品購入のシャフト1,500円(前後) 写真は後輪用 

ちなみに後輪はギアーを外すためにフリーホールリムーバーと言う特殊レンチがいるのでそれを購入するのに時間がかかった。自転車好きの人は当たり前に持っているツールだが
素人にはなじみのない 部品だ・・・ 5回目で案内できたらと思っています。

いずれにせよ ママチャリだろうが何だろうが クイックレリースにしたくなる私がうまれました・・・

どんな自転車になるか 乞うご期待 まあ素人しごとなので大したことはできないのですが・・・

ロンパー重ム








2017年6月11日日曜日

ランドナー 自転車修理 Part 3

22:06

修理開始後 3回目の投稿。
1970年代の自転車と言うちょっと厄介なものに手を出し始めて奮闘中。それであっても鉄の塊が40-50年元気に動いていると言うのは何とも奇妙なもので 人間でも相当ガタがくるころ・・・。 この年代の自転車で現在まで残っていると言う事は 間違えなく倉庫 または納屋に入れて乗っていた製品でしょうから それなりには大事にされていた自転車です。たいてい地方の方の ちょっと納屋にしまっておいて 錆が出てしまってもう売ってしまおうと言う方が多いようなきがしますが・・・

まずはばらしてから 塗装を始めたのだが 50年と言う月日のせいか ネジを緩めている最中に ネジが錆で折れたり 山が無かったりとバラスまでにも時間がかかった ばらしているうちに ここも修理した このパーツも いまはいいのがでてるとか 思ったりしながら一体どこまで手をいれれば 快適に乗れる状態になるのか・・・ それでいて 古いテイストは大切にしたいなど 考えながらばらし いよいよ塗装作業。

剥離剤でペイントを取って主要な部分にマスキング そして通常なら サフェーサーを噴いて色むらをなくしたいところだが 時間の関係で下塗りなしで本塗装・・・ それでも確りと塗装をしたいので 2液タイプのウレタン樹脂塗装に・・・ 色は当初黒を考えていたのだが どうも この年式の自転車を黒に塗るとデコチャリのイメージになるので濃い
グレーで塗装。色ベースは ゼットブラックに 白を20%足して 硬化剤は10%で塗装
したが 実際 硬化剤は本当は少ない方が良い気がした 塗っている間に硬化が始まって
しまったり以外に 2液タイプは面倒・・・


ガレージがないので庭で 木にフレームを吊るしてくるくる回しながら塗装すると意外に短時間で2度塗りもできて都合が良い。 通常は2度塗りで終わりにするのだが 今回は本塗装の後に クリアを噴いておいた。 塗料は200gは一台の自転車に必要に思う。100g缶でも上手く塗れば大丈夫なような気がするが・・・


サフェーサーは また次回 時間がある時に別の物で使う予定!
左側は 正しく一服コーヒー


そして 次回は組立て・・・  椅子の貼り替え・・・ 中空シャフト クイックレリース ワイヤー貼り替え タイヤ取り換えを予定している。

ロンパー重ム


 

2017年6月10日土曜日

ランドナー 自転車修理 Part 2

23:25

自転車修理1日目 本体のパーツを全て外してペイントを落とす作業。実に手軽に修理が出来るのが自転車の良い所かもしれないが・・・ その反面実に繊細で一つ一つのパーツが実に洗練され 大切な物である。単車の修理のような ちょっと融通を効かせる場所がなく パーツパーツが確りと役目を果たしているなっと実感した。


まずあらゆる部分を外して 分解したが 40年も前のバイクのため錆びついてばらせないところばかり 中でもハンドルを外すのには苦労した。ゆっくりとオイルを入れながら染み込ませ 力を加えながら引き抜いた。あとは 後で思い出したのだが左側のペダルのネジは逆ネジになっていたりして・・・ 漕ぐときにネジが締まっていく方向の力を利用した 昔の人の知恵でしょうか・・・ チェーンはつなぎ目がわからなく と言うよりもつなぎ目はないのかもしれないが・・・ 外すのはやめてペイントする方向に・・・


昔は剥離剤と言っていたが 今はペイント剥がしと呼ばれているらしく 液体を塗っておくと 時間が経つの上記の様にペイントが浮きががってくる それを金属ブラシでこすって最後は水で流す・・・。ただ 肌につくと 激痛がするくらい強い液体です。最近のはなんだか 昔に比べて剥離する威力がおちたような・・・

近いうちにペイント作業に入ろうと 意気込んでいます。笑


ロンパー重ム




2017年6月8日木曜日

ランドナー 自転車修理 Part 1

12:44

実は四六時中 工具を片手に生活しています。本当によくもこんな事までと 近所の方にも本当に色々出来るのねと関心される程、物をいじっています。よく BEFORE AFTERで写真をフェイスブックにと言われてはいますが 気が付いた時はいつもAFTERになっている状況・・・ 実はそれほど長期に渡る勝負は好きでないのが玉に傷で 何事も 『この程度で十分』で寸分もくるわないオタク仕事はダメ・・・ 自己紹介

ですので 仕事は大したこと全くないのですが・・・ 今回は BEFOREに気が付く事ができたので 自転車の修理状況を案内する事にしました。

ヤフオクで購入したのが40年くらい前の自転車。私の中学時代に欲しかったけど手に入らなかった製品なんです。そのころ自転車がブームで 色々な自転車が出回っている中 現在は『でこちゃり』とか読んでいるんでしょうか やけに仰々しい 自転車のくせにブレーキランプだの ターニングライト(フラッシャー)なんかついた自転車が多くでていましたね~ ガルーダDD5とか ラジカセではクーガーだの見聞録だの なんだかなんでも合体させる時代に、ひとクラス上を行く自転車が 『ランドナー』だったのですが・・。
価格が高かった 高いものになると30万くらいする物もあるくらいで・・・。万人に
一番手が届きやすかったのが ブリジストンのロードマン! 結構な学生がこれで通学していましたね~  そしてその上が ブリジストンのユーラシアと言う自転車で・・・
これになると 埼玉の奥地から 海まで行くか!なんて話がでるほどの自転車。
どちらにせよ 貧乏人の私には手がでず学生時代を終了してしまいました。写真奥の
水色がそのユーラシア・・・ そして今回修理を始めるのが ミヤタサイクルの
【MIYATA】 JEUNESSE ! 実はその時代に出ていた自転車らしく 今は綺麗なものは
10万近くもする名車?らしい 

それをなぜかヤフオクで買ってしまった私・・・ どうなるか 今後のブログでご紹介できれば・・・

ロンパー重ム

2017年5月17日水曜日

e-commerce business 最近の会社

15:08
  YAHOOさんの紀尾井タワー

先日 YAHOOさんのE-COMMERCEのセミナーに参加した。別に特別なセミナーで
なく 一般人の私が気軽に参加できるようなもので 気楽なものだったのだが・・・

実はここ数年 東京に足を運ぶ機会がなかったので 紀尾井タワー 永田町 随分 
堅そうな場所にあるんだな~なんて感じでグーグルマップで場所を探しながら・・・ 
近くに来て えっ オータニの横じゃん ここって赤プリでしょ~ なんて思いながらとことこ・・・ 全く風変りしていたので驚き!ここまで 生きてる間に街が色々変わるのか~

まあ それはそれでOKなのだが・・・
今回はワークプレースの整備された空間に驚いた! 確りと入館するにゲートを2つくぐると言ったセキュリティーの高さ!実に快適を絵に描いた様な やはり世界のYAHOOだなと感心した。 別に その綺麗さとかセキュリティーに驚いたとか・・・??? それも確かに少しはあるが 10年前であってもこの位のセキュリティーをもった 大手の会社はあったが・・・・

何がそんなにって・・・ 10年前にこんなセキュリティーを入れている会社は特別なミーティングがない限り もしくはごく 限られた人だけに開かれた空間だった・・・ 

それがいまや・・・ 一般のパブリックの人間が足を運べる場所に提供されているところがやっぱりYAHOOさんだな~なんて・・・高飛車でななく 一般の目線で確りとビジネスをとらえている姿 そして スタッフの爽やかな 対応が印象的だった・・・
実際 各部屋 会議室は さらにセキュリティーロックされていて 実際どの様に仕事に取り組んでいるかは わからないが 本当に管理された世界の様な感覚であった。

ここで仕事ができたら~ なんて若者があこがれるのも頷ける空間でる・・・
弊社のサンプルだらけに散らかった会議場所とは天地の差だ 笑










Google+ Badge

このブログを検索

マイブログ リスト

ブログ アーカイブ