[featured][carousel][10]

2017年4月21日金曜日

La Marzocco ラマゾッコのセミオート

12:11
  FB70 三連マシンの修理

まあ 機械は壊れるの と言うより 物は必ず壊れる・・・ だからそれほど ビックリ
する事でもないが 日本育ちの私としては はやり四六時中手がかかるのも非常に困る
なんて言っても パーツが高い。特にイタリアの機械は・・・

最近の電気製品はちょっと壊れるとその辺の部品を 全て取り替えるとか 買い換えた
方が安いとかそんな話ばかりだか まだ ラマゾッコは修理できるから可愛いのかも
しれない。手がかかる子ほど可愛いと言うのもなんとなくうなずける。それでも手が掛かりすぎるのも考え物だが・・・

いま使っている エスプレッソマシンはセミオートと言って半分オートな訳だが
フルオートではない。フルオートはなんといっても ボタン一つで同じ味が出せる
というものでなんとも優れもの・・・ それなのになんで専門店では今だに 
セミオート もしくは マニュアル機会なのか・・・・ フルマニュアルでもなく
フルオートでもない。それに世界のバリスタが使うのがこの セミオートなのだ。

そもそも 何故イタリア製の機械なのか・・・
しかし 機械に手が入れば入るほどううなずける。 やっぱりイタリアの機械。
何というか 考え方が恐るべしマニュアル思考だ・・・ 

バイクで例えるなら『自転車にエンジンを付ける』だから自転車だけどバイク
車でたとえるなら『人力車にエンジンを付ける』 だから車だけど人力車

フェラーリはしらないが おそらく考え方は 馬車を早く走らせようと言う根本の
発想なような気がする。そこに 何らかのスピリットが宿るような・・
何処までもマニュアルを人間らしく進化させた イタリアの機械 何処まで付き合えるか
楽しみでもある???


 イタリア製のフルマニュアル(恐らくうそう呼ぶ)
 のエスプレッソマシン 小樽のショップで撮影

2017年4月19日水曜日

新発売:珈琲スタンド(シングル)

21:57







ポア―オバーするバリスタに人気の真鍮アーム式珈琲スタンド。

天然木と真鍮アームは珈琲パーコレータースタンドの憧れ・・
重圧感と安定性のある製品からドリップされる珈琲は実に味わい
深い。珈琲の味は 豆の味 ロースト ミル 注ぎ方 そして
演出全てが上手く嚙み合って味をつくる。贅沢なひと時を共有
するには十分すぎる逸品です。ロックスモーション珈琲スタンド
ならではの絶妙なバランスと質感があります。





2017年4月12日水曜日

基準になる事柄 Part 1

13:21
笑ったり 怒ったり 幸せに感じたり 不幸に感じたり 私達はこんな感覚を感じて生活しています。 生まれたばかりの赤ちゃんも同様に 笑ったり泣いたり 忙しく生活して
いるようです。恐らく 人間は生まれ持って定義付けられた基準のようなものをもっているのでしょう。それよりもプラスに働けば『笑』 マイナスに働けば『泣』といったように・・・・ 自分に与えてくれる 生を継続するエネルギーをもらう事柄が最も彼らにとっての力の源になるのは疑いない事実ではないでしょうか。 

それで 彼ら(赤ちゃん)は 親に素晴らしい物を与えてくれる。それによって私たちは恐らくそれを求めて子供たちに無上の労力 能力を注ぐのでしょう。その 大きな一因に 泣きから笑に移る笑顔と言う変化に エネルギーがあるようにさえ思える事があります。笑顔になってもらうために 人は邁進するのかもしれません。恐らく 人はそういった基準をどんな生物に対しても持っているようにさえ思えます。社会構造が複雑になればなるほど(経験を得れば得るほど)自分だけ得る事だが唯一 美徳に錯覚するのかもしれません。

私たち企業も 色々な価値判断によって邁進しております。企業である以上 大きな要因の一つは金銭的な利益に集約されるのかもしれません。金銭自体に実はこれと言った基準もなくアメリカナイズざれた 利益追求だけが唯一の道の様に見える最近の風潮ではないでしょうか。 私達もそう言った渦の中に身を投じている以上 その中で生きて行かなければなりません。しかし そんな曖昧で物的な事柄を唯一基準にしたくないと考えております。

何かを与えて 何かを与えてもらう。喜んで頂き 笑顔を見せて頂く。そんな本来人間に備わった姿に基準にも物差しを当てられたらと考えています。それではすべてを捨て去って全を与え尽くしてくださいと言う声も聞こえる様にも思える。しかし全てを捨て去るよりももっと 幅広く 自分たちを利用して 永続的にこの作業を続ける方が より良い
幸福があると考えています。そしていつしか 正しい真の基準と言う物差しの幅が広がり 基準すら論ずることが成り立たない そんな時が訪れる事を望んでおります。





2017年4月9日日曜日

ROCKS MOTION コーヒースタンドシリーズ

19:30
  


  ようやく 販売開始! 本当に時間が掛かりました!
  珈琲?? いや珈琲スタンド 真鍮ベースです。 
  ドリップ珈琲ツウの方 お見逃しなく 本当に味わい深いスタンドです。

  時間の流れを最も豊かに演出する事も出来る物・・・
  いくら物質的に恵まれていても人の心のアプローチでそのもの自体が
  演出する豊かさえ台無しになる事さえあります。心を落ち着けて体に
  入る液体をゆっくりとドリップしていく。カップでありパーコレーター
  であり それが何であっても 心のアプローチ次第で味も変と
  ロックスモーションは考えます。皆様の心が豊かになるアイテム
  それがこの珈琲スタンドシングルだと考えております。


詳しくは
近日中に http://www.rocksmotion.com でご覧ください。

【鎌倉焼ドーナツ】

19:07


【鎌倉焼ドーナツ】
大変ご好評を戴いております
いつも有難うございます!
いよいよ「アムマックス公式 オンラインショップ」
(http://ammax.shop-pro.jp/)
での販売が決定しました☆
こちらからもご注文できます!
ドーナツページ :http://ammax.shop-pro.jp/?pid=116161343
根強い人気の「レモンフレーバー」
間もなく終了です!
肌寒い日ですが、お花見も愉しみましょ♪
see you
ammax

2017年4月8日土曜日

絶対音感

23:56
つい先日 話題のなかでマイケルジャクソンが絶対音感の持ち主と言う事でちょっとし
た話題になった。そんな中 2通りの考え方が交差した。絶対音感はもともと持ち合わせた『先天的な物』もう一つの考え方は『後天的に身につく物』だ・・・ こんな時代であるから もちろんインターネットで答えを探しに転じた訳だが いや 様々な意見がここでも交差していた。

そんな やり取り様々な意見を拝見しているうちにこんなイメージがよぎった。バスケットのダンクシュートは後天的なもので出来るようになるか否やだ! 誰もがマイケルジョーダンのような華麗なダンクシュートをする事ができるかだ・・・

確かに ダンクシュートを放つ位だから ある程度の背丈は必要だろう。背丈はもしかすろと先天的な要因化もしれないが ダンクシュート自体は先天的なものでない。 でもその背丈がいくつ以上でなければ出来ないと言う定義はない。無論 170㎝でそれほど運動に長けていない私にとってはこれは練習云々で超えられる壁でもなさそうだ。かといって絶対不可能ではない いや不可能か??? 

ある人はそれを 生まれ持った体の特性であるから故 マイケルジョーダンにはなれないと判断する人もいれば 努力でその壁を乗り越えらえると考える人もいるだろう。要するに 不可能ではなく 不可能である部分もある。実際には測りに掛けるものでなく この理論さえなりたたないのではと思った。 人間はもともとそんな事に有る 無しの価値観を見出しどちらか 有無を見出すことすな成り立たない。それに絶対なんて言うものすらどこにも見当たらない。

才能が何かと 定義するのであれば やりたい目標に向かって勝ち負け関係なく最後まで努力出来る事が才能だと思ったりした。

ロンドン(ヒースロー)の空港での壁の写真


 様々な人の写真で作られていた

2017年4月5日水曜日

定義づけ

12:57

先日 ネット上で 都立秋留台高校の進路指針のなかに 進路未決定(俗に言うニート)
と言う選択枠ができたと言う話題を聞いて日本も確りと進化していると感じた。

今 思うと昭和生まれの私にとって 進路指導 高校後の進路の指針は 進学に〇を
つけるか 就職に〇をつけるか2択な訳で・・・・ その他の考えはこの世の中に存在
しないとでも言うような態度だったが (選択の余地なし)・・・ これは柔軟で素晴らしい進歩だと思った。

一見 黒と白の交わりで色が無かったように考える無知な発想が今までまかり通って
いた。そして最近 グレート言う色が鮮明に一般に見えるようになってきたと言う
構図だろうか・・・ 話は余談になるが ニートとフリーターには完全な違いがあり
その両者も 34歳で定年があると言うから驚きだ・・・

その他にも男性は女性を好む 結婚するとか 女性は男性を好むと言う概念 定義ずけも
完璧に崩れているのに 公けな社会はこれを認めようとしない・・・すでに色が見えて
いるのにその色を見ようとしない。肯定も否定もなく 実はカテゴリー 定義ずけさえ
実に無知な発想なのかもしれない。

それであっても 定義付けはやはり社会では必要だ・・。男子浴場も女子浴場もなく
保険や 保証もなくなる訳で・・・

そこであらゆる質問の横には 〇該当なし 〇他色 と言う項目を付ける世の中が
来るように思える。

身の回りをみるとそんな定義付けばかりで 人間社会で必要であっても時に疲れる。
グレー 無色 そんな時間が時にはほしい

Mont iPoke









2017年4月4日火曜日

みんなと同じものが欲しい?

13:49
鎌倉グラフィックス Coffee Time

鎌倉駅から徒歩1分 アムマックスのお店 鎌倉店で販売する。鎌倉グラフィックス
"Coffee Time" Tシャツが仕上がった。一枚一枚の 水性インクでの手刷り・・・

実に精度を求めるこの世の中 機械で同じクオリティーの物を手にする事に価値観を見出す 日本人であるが・・・ 実にシルクプリントとは一枚一枚のオリジナル性を見出すものと 鎌倉グラフィックスは考えている。 世界に一つしかないTシャツなんです。

やっぱり同じものが欲しければ量販店に行けばみんなと同じものが手に入る。クオリティーも色も 全てがみんな同じ・・・・ 日本の市場は本当にそういう傾向が強いかもしれないです。日本が一種独特の 同一性を追求しているように思える。

例えば 日本以外では相当高額な商品でないかぎり 多少汚れてても 1回着れば汚れるし別に気にしない。 タグが逆さについていても結構 気にしないでそれもそれで 風変わりで 良いなんて言って買う人も多い。ましてや 周りのビニールがとか 皺がなんていう人は珍しい。

鎌倉グラフィックス 本当に個性的です。 今後の展開が楽しみです。

次回のプリントは 人気の足跡 Tシャツです。
是非 見に来てください。

Google+ Badge

このブログを検索

マイブログ リスト

ブログ アーカイブ